ピンクコンパニオン@地方

ピンクコンパニオンの聖地といえばやはり地方ですよね。

地方の温泉街がメッカといってもいい場所になります。

いまだにピンクコンパニオンが引っ張りだこで需要があって人気も衰えることがあまりなくて全盛期というのにふさわしい場所なのかもしれません。

首都圏、都会にはさまざまな夜の楽しみ方がありますが温泉地や地方ではピンクコンパニオンくらいしか楽しみがないということも手伝って、このように需要は高め名の顔も知れません。

地方で需要がほかに比べると高くはあるのですが、それでもホテル、旅館、その他宿泊施設自体客足が遠のいていることもあるので、需要はバブル前に比べるとそれほど利用者数は少ないのです。

ですから激戦区といわれて特定の場所ならまだ利用者も多いので盛んではありますが、地方でも若干かげりがあることは確かです。

しかしこれからも地方だけは廃れることがほとんどないままピンクコンパニオンというのは前進していくのではないでしょうか。

利用する人もまだまだいるでしょうし、完全になくなって廃業してしまうということはないでしょう。

やっぱり昭和の、どこか懐かしい楽しい宴会を楽しみたいと思っている人はまだまだ多く、それは中高年だけに限らず若い世代でも同じことが言えるからです。