ピンクコンパニオン@関西

ピンクコンパニオンの関西の特徴はどのような特徴があるのでしょうか。

バブルがはじける前は、関西にもピンクコンパニオンが大勢いて、派遣も盛んに行われていたのですが今はそれほど盛り上がりを見せることもなく、どちらかといえば廃れているといってもいいのかもしれません。

関西では宿泊施設のピンクコンパニオンというよりは、どちらかといえば、店舗型で風俗店が経営しているような、そんな店が多いために廃れてしまったのかもしれません。

パーティー、イベント、宴会といえばピンクコンパニンという代名詞もありましたが、最近は女の子と盛り上がりたいならキャバクラにいけば安い値段で楽しめることもあって、ピンクコンパニオン宴会がそれほど需要は高くはないのです。

不景気も手伝って、それほど宴会自体が行われていないこともあって、宿泊所に、わざわざ派遣してもらって高いお金で楽しむということはないのが現状でそれが関西の今の現状なのです。

でも温泉街は関西にもあります。

温泉街にピンクコンパニオンを派遣できるところも皆無ではありません。

ですから一概にまったくなくなってしまったということではありませんから、楽しめる場所もまだまだありますがほかの地域に比べると少ないでしょう。