もしかしたらEDかな?

気になるEDのことのメインイメージ

新着記事

EDの治療薬レビトラ

EDの治療薬として日本でバイアグラの次に認証を受けたのが体内への吸収が速い即効性のあるレビトラです。

EDってどんなタイプがあるの?

EDには機能性(心因性)ED、器質性ED(加齢や生活習慣病など)、器質性ED(薬剤)、混合性EDというのがあります。

もしかしたらEDかな?

EDというのは、勃起が完全にできないなどの勃起障害、もしくは勃起不全の症状をいいます。

男性の性器における症状ですね。

健康な場合、EDとは無縁なはずなのですが、ある日突然、いつもと様子が違うなと感じたり、実際に勃起しなかったりすると、自分はEDかもしれないと不安になるのではないでしょうか?

もしかしたらEDかもしれない…と不安に思ったら、EDのセルフチェックをしてみましょう。

EDのセルフチェックというのはどういったものかといえば、国際勃起機能スコア(IIEF?5)に基づくチェックシートがありますので、インターネットで検索してやってみましょう。

EDのセルフチェックでは、最近の六ヶ月における自分の症状を見直してみます。

①勃起を維持する自信はどれくらいあるか?
②性的な刺激によって勃起した場合、挿入ができる硬さになるか?
③性交中に勃起を維持することができるか?
④勃起を維持して性交を終了させるのが困難か?
⑤性交に満足できたか?
といった項目になります。

すべての項目に答えて、点数を合計して、重症?中等症?軽症?中等症?軽症?正常かという診断になります。

そして、もう一つ勃起した状態の硬度の測定評価もありますので、合わせてしてみましょう。

勃起硬度測定評価(EHS)という評価です。

硬さはグレード0からグレード4までの五段階に別れています。
グレード0は全く勃起しない状態
グレード1は食パン程度の硬さ
グレード2はみかん程度の硬さ
グレード3はグレープフルーツ程度のかたさ
グレード4はリンゴ程度の硬さとなります。

全く勃起しないグレード0からみかん程度の硬さであるグレード2は、EDの可能性が大となります。